営業時間:平日10:00~17:00

070-5054-3110

休業日:土日祝日 年末年始季節休暇

同じ感謝の言葉でも

引き続き、

新入社員研修のシーズンですね

の話題です。

当事務所で新人研修実施の機会をいただくときは、
研修の最初の項目で「あいさつ」を扱います。

あいさつには、
「おはようございます」等の時間帯に合わせた儀礼から、
「ありがとうございます」等の気持ちを表す儀礼まで、
いくつもの言葉がありますね。

さて、
この「ありがとうございました」という使い方ですが、
気になりませんか?

ぜひ考えてみてください。

そうです!

過去形になっていますよね。

どっちの言葉を言われたい?

【過去形と現在形】

確かに、
感謝の意を表したい出来事があっての感謝の気持ちを表す言葉になる
わけですから、
厳密にいえば過去形で間違いありません。

しかしながら、
そういう視点で考えるならば、
そもそも時は刻々と過ぎていきますから、
どのような場合も過去形を使う、

という考え方になります。

マナーの場合、こうした杓子定規な使い方よりも、

相手との関わり、
良い関係を気づいていく、
という本来の目的に目を向けて
「ありがとうございます」
を使うことをお勧めしています。


「ありがとうございます」は、
今の気持ち、これからも続いていく気持ち、という印象を持てますが、
「ありがとうございました」は、
過去のことについての感謝、という印象が残ります。

これも良否ではなく、
より良い選択をするならば、
「ありがとうございます」の方をお勧めします、
というお話です。

さぁ、あいさつをしてみよう!

さて、
今度はあいさつの仕方です。

基本的には、
語先(ごさき)後礼(ごれい)→言葉を述べてから例をする
を推奨していて、このやり方でエクササイズをしていきます。

ただ、これも企業様によってルールがあるので、
「基本的には」にしています。

かくいうわたしも
最近入会した経営者が集まる会では、
あいさつの言葉を述べながら例をする、
というルールなので、
その時は、そのルールに従っています。
(つい、日頃の癖で、語先後礼をしてしまいます😰)。

所属先のルールに合わせた言動を取れるのも
ビジネスマナーの大事な点です。

そのようなわけで、
今日はあいさつについて書いてみました。

新入社員の皆様!
新人研修はいかがですか?
社会人の基礎となることをたくさん得られるので、
ぜひ、多くを吸収してみてください。

必ず、みなさまのビジネスライフのお役に立つことでしょう〜✨

では、また書きます。


社内研修の企画をお考えの企業のご担当者様に
無料でご相談をお受けしております。
ご相談やお問い合わせはこちらまで


この記事を書いた人

marco

ピックアップ記事

  • 職場の心理的安全性
心理的安全性の高い会社の謎解き!?

いよいよ、ハーバードビジネススクールのエイミー・C・エドモンドソン教授の研究を引 […]

  • 職場の心理的安全性
社長の仕事とマネジメント

「心理的安全性」のテーマでコラムを書き始めて5回目。 4回までのコラムお楽しみい […]

関連記事

  • 能力開発
スパインを元気に! それが行動変容に!

スパインという言葉聞いたことがありますか? Wikipediaによると、 「樹状 […]

  • コミュニケーション
  • 能力開発
「できかねます」

今週は新人研修をテーマに書いています。 今回は、過去に遭遇した「うろ覚えで使った […]

  • コミュニケーション
Feed Back 談 2

前回の続きです。 Feed Back談1 前回引用した例はこちら ↓ あなたは、 […]

  • コミュニケーション
  • 能力開発
Z世代に向けた上司のコミュニケーションのポイント

Z世代(1990年代後半から2010年代前半に生まれた世代)は、デジタルネイティ […]

  • 能力開発
学ぶのが上手な人の特徴

学ぶ機会を得ても、変化をしないケース 研修を何度受けても業務で変化を起こせないケ […]

  • いろいろプロセス
  • コミュニケーション
特定の人たちにとってはメリット満載−2

副題「白けたチーム」 前ブログの続きです。前回のブログは、↓ここからスタートして […]